© 1992-2019 Matsuyama Shirasagi Lions Club.

10月第1例会報告

2016-10-05

会長挨拶

 

皆さん こんにちは

 

10月3日、4日の献血事業では、月初で週始めというご都合が難しい中、多くのご協力をいただきありがとうございました。特に、担当委員会の河田委員長、新多副委員長の精力的に動く姿は、本当に頼もしく思えました。ご苦労様でした!

 

また、9月27日に大阪ガス本社に「かけっこプロジェクト」(仮称)の打合せに行ってきました。担当の方と打合せの中、ネーミングも最終候補の中から朝原さんご自身に選んでいただき【朝原宣治の『かけっこ教室』“楽しく走れ!これで君もHERO(ヒーロー)”】有意義な一日となりました。朝原さんの“夢を信じてあきらめず、目標に向かって、歩み続ける人を応援します”というビジョンは、私たちが唱える“子どもの未来は まちの未来”に相通じるものがあると確信しました。

 

先日、ノーベル賞(生理学・医学賞)を受賞された大隅良典さんが言われていました。

「未来のため、基礎的な研究を支える社会になってほしい」

松山白鷺ライオンズも、先を見据えた奉仕活動を考えて行きたいと思います。夢は、『愛媛松山の子供たち全員がかけっこが好きになり、心も健康になってもらうこと』です。

 

9月29日に初の試みとして新入会員の方に理事会見学をしていただき、新入会員スクールを開催いたしました。参加の新入会員からも質問が相次ぎ充実した会議となりました。

 

最後に、今回の台風も心配しておりましたが、松山では、被害もほとんどなく安心しましたが、災害(南海トラフ大地震)はいつ、起きるかわかりません。その時にまず必要な「自助、共助」の大切さを勉強するため、10月第2例会に自衛隊の財津司令様をお招きしてのメンバーの皆様とともに勉強したいと思っていますので、是非ご参加をお願いいたします。

 

では、本日もよろしくお願い致します。

 

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

 

 

Please reload

カテゴリー
最新記事

August 22, 2019

August 1, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload