© 1992-2019 Matsuyama Shirasagi Lions Club.

2019-3-16

「We Love 石手川2019 & 消防・緊急車展示と防災体験」予定通り開催致します☀

昨日の準備風景 です

多くの皆様のご参加をお待ちしています。 

松山白鷺ライオンズクラブクラブ

2018-2-05

 松山白鷺ライオンズクラブは2018年3月18日に、愛媛県武道館北側河川敷にて「We Love 石手川2018 (河川大清掃)& 災害対策本部車・照明車展示」を実施します。国土交通省の協力を得て、災害対策本部車、照明車の展示を行います。多くの皆様の参加をお待ちしております。

昨年の清掃・炊き出し訓練風景をご覧ください。

ドローンで撮影された清掃の様子です。

2017-4-12

 国土交通省主催「手づくり郷土賞」授与式の様子が、2017年4月12日付の愛媛新聞に掲載されました。

2017-4-07

 2017年4月7日に、松山市役所3階第1会議室にて平成28年度「手づくり郷土賞」認定書授与式が執り行われました。

謝辞

 本日は、四国地方整備局長 名波義昭様、松山市長 野志克仁様、そして、四国地方整備局、松山河川国道事務所、松山市役所の皆様におかれましては、ご多用の中、私どものために、栄えある表彰の機会を設けていただき、誠にありがとうございます。また只今は、身に余るお言葉を頂き光栄の極みであり、身の引き締まる思いです。

 私たち松山白鷺ライオンズクラブは、平成四年結成以来、「人と自然との共生」を掲げ、「白鷺の住めるまちづくり」をテーマに環境保全啓発活動として石手川河川清掃を続けてまいりました。

 当初は、会員だけで始まった活動でしたが、国交省、愛媛県、松山市等、行政の皆様、またボーイスカウト、産廃協会等、各種団体、そして地域の皆様のご協力を得て800人規模の活動となりました。清掃終了後にはハンバーガーを提供し、親子など参加者同士のコミュニケーションができるよう工夫もしてきました。今では市民に広く知れ渡り、大学生、高校生、中学生等の参加が増えて裾野が年々広がっております。

 去る3月26日には、河川大清掃の後、陸上自衛隊松山駐屯地の全面的な協力を得て、緊急災害時を想定した「炊き出し体験」を実施しました。今後は、清掃活動にとどまらず、災害時の自助・共助の市民意識を啓発していくような活動にも愚直に取り組んで行きたいと考えております。

 終わりにあたり、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げ、お礼の言葉とさせていただきます。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

視察風景

授与式風景

認定書

参加メンバー

 梅林会長、北川第1副会長、川添第2副会長、中島幹事、二宮25周年委員長、明関さん、篠崎さん、三浦さん、泉本さん、山本さん、岩田さん、宇都宮眞由美さん、永井さん、宇都宮吉則さん、桑村さん

2017-3-28

  2017年3月26日に開催されたWe Love 石手川 2017 & 炊き出し訓練、及びLED太陽灯寄贈でのメンバー活躍風景をご覧下さい。

環境保全アラート委員長より

 3月26日、設立当初からの継続事業である「We Love 石手川 & 災害時炊き出し訓練」を開催致しました。当日は天候にも恵まれ、国土交通省、愛媛県、松山市ボーイスカウトや、一般の方々も含め約800名の皆様のご参加を頂き、石手川河川清掃を行いました。その後、自衛隊とボーイスカウトの皆様や愛媛大学の学生さん、一般ボランティアの方々にお手伝い頂き、ご飯とみそ汁で昼食を頂く「炊き出し訓練」を行いました。

 このイベントは、緊急災害が起こった場合に「必ずしも自衛隊の支援を受けることが出来るとは限らない」。その時、「自助共助」の精神でその場で出会った人達で助け合い、災害に対応する大切さを学ぶ事を目的として開催されました。

 イベントには、自衛隊からは給水車両・炊飯車両・緊急入浴設備などを、また松山市公営企業局からは、飲料用給水車両を持ってきて頂き、まさに実際の災害時さながらの光景が展開されました。訓練では、白鷺ライオンズクラブのメンバ-とボランティアの皆さんとの分け隔てなく、初めて顔を合わす人たちが作業を分担し合い、実践的な炊き出し訓練を行うことが出来ました。

 また、会場では東日本大震災時における現場での自衛隊活動の様子を、松山駐屯地の皆さんにパネルを用いて解説して頂きました。国土交通省の皆さんには、熊本震災時の活動を同様にご紹介頂きました。災害の実体験を語って頂き、まさかの出来事が起こりうる事を共有出来たのではないかと思います。

 ご参加頂いたメンバ-の皆さんと、ボランティアの皆さんに感謝致します。ありがとうございました。

環境保全アラート委員長 泉本明英

メンバー風景

 お疲れ様でした

2017-3-28

  「We Love 石手川 2017 & 炊き出し訓練」の様子が2017年3月28日付の愛媛新聞へ掲載されました。

2017-3-28

 2017年3月26日、愛媛県武道館北側河川敷にてWe Love 石手川 2017が開催されました。

開会挨拶

 私たち松山白鷺ライオンズクラブは「人と自然との共生」を掲げ、「白鷺の住めるまちづくり」をテーマに環境保全啓発運動を続けて参りました。当初は会員だけで始まった活動でしたが、ボーイスカウトさん、国交省さん、愛媛県、松山市の行政の皆さん、産廃協会、如水会館さん等の協力を得て700-800人規模の活動へと発展することができました。まずもってお礼を申し上げたいと思います。

 今では市民に広く知れ渡り、かつ認められる活動となり、市民のゴミ意識の向上にも少しは役立てることができたのではないかと思っております。そして、このたびこの活動に対して「手づくり郷土賞」(国土交通大臣表彰)をいただきました。今後も、この賞の名に恥じることのないように愚直に活動を続けて参りたいと思います。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次 

開会式風景

清掃風景

ドローンで撮影された清掃の様子をご覧下さい。 

閉会式

2017-3-12

 東日本大震災から6年が経過しました。まもなく熊本地震からも1年が経過します。ここ数年で私たちはいくつもの自然災害を経験してきました。災害はいつ起こるか分かりません。

 松山白鷺ライオンズクラブは2017年3月26日に、愛媛県武道館北側河川敷にて「We Love 石手川 & 災害時炊き出し訓練」を実施します。自衛隊の協力を得て、災害時の炊き出し訓練や野外入浴設備の展開訓練を行います。多くの皆様の参加をお待ちしております。

2016-12-19

  2016年12月19日、武道館前河川敷において炊き出し事業に関する現地視察を自衛隊の方々(清家広報班長 殿/岡炊飯担当 殿)と実施致しました。炊飯場所と配膳場所、タイムスケジュール、メニュー、備品などについて打ち合わせを行いました。

なお、結成25周年記念事業「We Love 石手川」「炊き出し事業(アラート事業)」は2017年3月26日に武道館前河川敷にて開催されます。メンバー全員が協力して事業を進めております。

2016-11-20

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

  ~石手川ダム上流域河川清掃に参加して~ 

 11月20日、松山市公営企業局からの呼びかけで、石手川ダムの水質保全のためのダム上流域の河川及び周辺道路沿いの清掃活動に参加しました。各種団体のボランティアから参加者は総勢550名以上とのことでした。

 我が松山白鷺ライオンズクラブが結成以来、取り組んでいる環境事業ということもあり毎年、参加させていただいています。

 今回は、泉本環境保全委員長を中心に11名の参加で不法投棄されたペットボトルや空き缶等を収集しました。当日は天気に恵まれ、澄み切った空気のもと気持ちよく掃除をさせて頂き、心も清掃することができ、楽しいミニ反省会になりました。参加メンバーのみなさん、お疲れ様でした。


 参加者一覧

梅林会長、北川第1副会長、川添第2副会長、中島幹事、大谷ライオンテーマ、長島テール・ツイスター、泉本環境保全委員長、乗松さん、重松さん、田窪さん、藤代さん

Please reload

August 22, 2019

August 1, 2019

Please reload

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Please reload