© 1992-2019 Matsuyama Shirasagi Lions Club.

2017-9-28

 2017年11月25日に開催される松山白鷺ライオンズクラブ『第2回かけっこ教室』(楽しく走れ!これで君もHERO)を下記の通り執り行いますので、お知らせ致します。

 多くのご参加をお待ちしております。

昨年のかけっこ教室風景

2017-9-24

 2017年11月25日に開催される松山白鷺ライオンズクラブ『第2回かけっこ教室』(楽しく走れ!これで君もHERO)の準備が始まりました。

 9月22日(金)ライオンズクラブ事務局4階で青少年・国際関係委員会メンバーと事務局員の林さん、山下さんにお手伝い頂き、松山市内58校の1年生から3年生13300名分のパンフレット(チラシ)を各校宛に振り分け作業を行いました。開催に向けて、青少年・国際関係委員会は、動き始めました。

 また、国際平和ポスター活動も同時進行中だそうです。

 

かけっこ教室準備風景

 

 

2017-8-27

会長挨拶

 皆さん、こんばんは。

 皆さんの大切な練習の時間を、少しだけ私たちに使わせて頂きます。突然知らないオジサンやオバサンが入って来て何事かと思われたでしょうが、私たちは、松山白鷺ライオンズクラブと申します。普段は皆さんのお父さんやお母さんと同じように、色々な仕事を普通にしていて、時々集まって街を綺麗にするために、川を綺麗にするために掃除をしたり、子どもたちの励みになることを考えて、かけっこ教室をしたり、食べる事の大切さの勉強会をしたりしているクラブです。

 その活動の中に、皆さんの様に何かに一生懸命頑張っている子供たちにスポーツでも音楽でも勉強でも目標や目的を持って頑張っている子供たちに少しでも励みになればと思い、青少年精励賞という賞を作って贈呈しています。今日は皆さんにその賞を貰って頂く為に来ましたので、いらないと言われても貰って頂きます。

 何故、皆さんに届けに来たかと言いますと、昨年、愛媛新聞のアクリートクラブに皆さんが紹介され、その記事を見た我々のメンバーが一度皆さんの剣道をしている姿を見たいと思い、見学に伺ったら、本当に皆さんが一生懸命練習をされている姿に感動して、是非青少年精励賞を贈りたいと計画をして、今日の贈呈式になりました。

 まだまだ暑い日も続きます、これから寒い日もあるでしょうけど、出来る限り剣道を続けて、これから大人に成長していく中で、様々な困難に遭遇しても、剣道の厳しい練習に耐えてきた事を思い出し、乗り切れる糧にして下さい。

 それと、私には5歳年上の兄がいます。私の兄は中学生か剣道を始めて、40年以上経った今も剣道をやっています。私の兄は折角剣道をやっているのだから、8段まで取る目標を立て、今なんとか7段まで取って頑張っています。

 みなさんも目標・目的を持って達成するまで、思う存分剣道を続けて下さい。目標はデカイ方がいいです、デカイほど見失う事はありませんから。どうかこれからも頑張って下さい。以上で挨拶終わります。

松山白鷺ライオンズクラブ会長  北川憲一 

受賞式風景

練習風景

2017-4-25

 2017年4月25日、去る2017年2月26日に行われたイベント「朝原宣治のかけっこ教室 楽しく走れ!これで君もHERO!」の実施に当たり、一方ならぬご尽力を頂きました藤田仁 松山市教育長へ事業成功のご報告をするため、松山市役所を表敬訪問致しました。

 当クラブの梅林哲次会長および中島幹事が謝辞を述べた後、藤田教育長へ「子ども達の今後の成長を願い、小学校に朝原宣治さんの著書『こうすればかけっこが速くなる』を贈呈したい」旨をお話したところ快くお受け頂き、松山市内の各小学校に2冊ずつ図書を寄贈する事となりました。

 2017年には国民体育大会(国体)が愛媛県で開催されます。今回の様なイベントや図書の拡充などを通じて、松山の子どもたちがより良いスポーツ教育を教授できる環境を整え、将来的にはこの松山の地から全国・世界レベルのアスリートが誕生することを願って、松山白鷺ライオンズクラブはこれからも青少年育成事業を継続して参ります。

2017-3-04

青少年育成・国際関係委員長

 2017年2月26日(日)に愛媛県武道館主道場において、松山白鷺ライオンズクラブ25周年記念事業”朝原宣治のかけっこ教室 楽しく走れ!これで君もHERO! ”を実施しました。当クラブ25周年の記念事業として梅林会長はじめメンバー一同の熱い想いのこもったこの事業は一昨年の25周年準備委員会の時からの構想で、梅林会長が朝原さんの所属する大阪ガスさんへメールをしてかけっこ教室の依頼をしたことから始まりました。

 昨年はオリンピックイヤーということもあり、朝原さんは大活躍の大忙しで、なかなか来松の確定が取れない中、着々と準備は進み、昨年の9月に来松が決定した際にはとても嬉しかったのを覚えています。募集人員の確保や各所への挨拶回りなど目まぐるしく準備する中、ついに当日を迎えかけっこ教室はスタートしました。

 準備体操から始まり、動物歩きやスキップなど、朝原さんのノウハウがいっぱいつまったかけっこ教室の中で一生懸命走っている子供たち、そして笑顔いっぱいの子供たちを見ると、本当に良かったと実感しました。最後にはリレーで大盛り上がり! 一位を取ったチームは飛び上がって喜んでいました。

 子供たちとの質疑応答では「カープの曲がり方は?」や「早く走るためには毎日どんなことをするの?」などキラキラと目を輝かせた子供たちが一生懸命質問し、朝原さんは一つ一つに丁寧に答えておられました。数日後にライオンズ事務局に届いた子供たちのアンケートはどれも喜びや充実感のある内容で、読んでいるうちに目頭が熱くなってきました。今回の事業への取り組みは松山白鷺ライオンズクラブの柱でもある青少年育成事業の今後の指標となるべくこの想いをずっと受け継いでいければと思います。大阪ガスの皆様、たくさんの応募をしてくださった皆様、関係していただいたすべての皆様に感謝いたします!本当にありがとうございました。

青少年育成・国際関係委員長 島田暢生

直前インタビュー

準備風景

綿密な打ち合わせと会場準備でいい汗を掻きました。

メンバーと子どもたち

教室が始まり、メンバーも笑顔でお手伝い。

子どもたちからのアンケートが届きました。

2017-3-03

 2017年2月26日に愛媛県武道館にて「朝原宣治の『かけっこ教室』 “楽しく走れ!これで君もHERO(ヒーロー)」が開催されました。

会長挨拶

皆さんこんにちは、松山白鷺ライオンズクラブの梅林です。まず最初に、本日参加の子ども達皆さんに聞きたいと思います。

「かけっこが速くなりたい子、手を上げて下さい」

(全員がは~いと手を上げる)

ありがとうございます。

ライオンズクラブの事業の一つに青少年育成事業があります。25周年を迎えるにあたり、

記念事業として「子ども達のために何か応援できないか?」「形に残るだけでなく心に残る事業にしよう」そういう思いから、「運動の原点であるかけっこを楽しみながら学んでもらおう」とオリンピックメダリストの朝原さんにお願いすることにしました。

朝原さんの主宰するクラブの理念は「あきらめなければ‘夢はかなう’自分を信じてチャレンジしよう」だそうです。本日は、ご多忙の中、子ども達のために松山に来ていただき、本当にありがとうございます。

私たちの夢は、愛媛の子ども達全員がかけっこの好きな元気な子どもになることです。夢に向かって突っ走る‘未来のかわいいアスリート’を全力で応援します。

それでは、最後に!

「みんな、ガンバレ」(梅林会長がガッツポーズで激励)

朝原さん、よろしくお願いいたします。

準備体操

緊張している子供達も、朝原先生と鈴木コーチの「NOBY体操」にトライすると一気にリラックス。「「せ~の~、ヤぁー!」」

かけっこ教室

動物のまねをしてみて「なぜ動物は速く走れるのか」を実感したり、ダッシュやスキップの練習を教えてもらいました。最後にはチームに分かれてリレー対決を行い、競争心やチームワークの大切さを学びました。

朝原宣治さんへの質問コーナー

参加した子どもたちからは、「なんでオリンピックに出場しようと思ったんですか?」「なんでそんなに足が速くなったんですか?」といった質問が飛び交い、朝原先生が一人一人へ丁寧にお答え頂きました。「こけても頑張り続けるにはどうすればいいですか」という質問には、「最後まで諦めずに頑張ることだよ」と力強くおっしゃっていました。

修了証と朝原宣治さんの著書「かけっこが速くなる」贈呈 

お疲れ様でした

2017-1-10

 2017年1月9日に常盤同郷会本部地・武道場にて、秋山好古生誕158年祭と平成29年度柔道部・合気道部の稽古初めが行われました。式典の中で、秋山兄弟道場のお子さんに青少年精励賞を贈呈致しました。受賞者は下記の通りです。

松山白鷺ライオンズクラブ 青少年精励賞 受賞者

秋山兄弟道場 柔道部 藤田奈央末さん

秋山兄弟道場 合気道部 渡邊優作さん

会長挨拶

 おはようございます。松山白鷺ライオンズクラブ会長の梅林です。

 私たちが所属するライオンズ国際協会は今年度で100周年を迎え、「われわれは奉仕する」をモットーに様々な角度より健やかな地域づくりに貢献をすることを目指しております。

 私たち白鷺ライオンズクラブでも「子どもの未来は まちの未来」を青少年育成ビジョンとして掲げております。そのビジョンの一環として昨年、普段から文化活動・スポーツなどで頑張っている子どもたちを何らかの形で応援できないかと考え、「青少年精励賞」を創設いたしました。

 本日は昨年に引き続き、秋山道場さんから一年間休まずに練習に励んでいる二人のお子さんを精励賞へ推薦して頂きましたので、その努力を讃え、ここに賞をお贈りさせて頂きます。

 「練習はうそをつかない」と言われております。お二人はもちろんのこと、皆さんも日々精進して下さい。そして頑張った後にもう少しだけ努力してみて下さい。その積み重ねが土台になって、将来必ずや素晴らしい選手になれると思います。

 これからも当クラブは、未来に羽ばたく子ども達を陰ながら応援して行きたいと考えております。

 頑張って下さい!

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

秋山好古誕生祭式典に参加して

 去る1月9日、秋山好古誕生祭式典において青少年精励賞の授与を行いました。この日が稽古初めという事もあり、多くのご来賓、関係者の方々が参列されておりました。

 

 この度は、一年間1日も休まず鍛錬に励んできた柔道部と合気道部の2名の子供さんを秋山兄弟道場の方で選出していただきました。

 梅林会長より青少年育成事業についてや、子供たちへの労いの言葉がありました。その際、受賞した子供たちが何とも嬉しそうな表情をしていたのが忘れられません。ライオンズメンバー一同、「これが子供たちにとって少しでも励みになれば」という気持ちで見守っておりました。

 式典が終わると稽古初め、そして餅つきが始まります。メンバーも餅つきを...

2016-10-28

愛媛大学教育学部附属中学校 生徒の皆様、今年度も国際平和ポスターへご応募頂きまして、誠にありがとう御座いました。

ご応募頂きました作品をご紹介致しますので、ぜひ御覧下さい。

2016-10-27

平成28年10月27日 全日空ホテルで第6回理事会が開催されました。

国際平和ポスターの選考、姫路白鷺ライオンズクラブCN55周年記念例会、青少年精励賞、1リジョン合同アクティビティ、25周年事業の親子にぎり寿司教室等盛り沢山の内容で2時間近くの会議になりました。 

2016-9-27

 結成25周年記念事業として、準備を進めて参りました「かけっこプロジェクト」(仮称)において、大阪ガス所属の朝原宣治氏のご参加が決定しましたので、9月27日に、梅林会長、中島幹事、北川第1副会長・二宮25周年実行委員長と私との5名で大阪にご挨拶に伺いました。

 今回の目的は本事業に関しての窓口である大阪ガスの中澤さんとの顔合わせと打ち合わせです。最初ドアを開けた瞬間は、こちらから5名ものライオンズメンバーが来たということで驚かれておりましたが、とてもにこやかに温かく迎えていただきました。

 お話を進める中で「2時間という短い時間ですが、進行はすべておまかせください!」と力強いお言葉をいただいて、一同ホッとしながら「心強いなあ」と成功への手ごたえを感じたのを覚えております。お話を進めていく中で「実は今日、朝原も社内にいます!」とのことで、まさかお会いできるとは思っていなかった朝原さんにお会いすることができました。

 やはり一流のスポーツマンは違います。体が引き締まって背も高く、メダリストのオーラを感じることができました。今回の事業の趣旨にも賛同していただいて、ライオンズメンバーから募集したイベントタイトルのネーミング最終選考の中から、なんと直接朝原さんに選んでいただきました。予定の1時間という時間があっという間に過ぎ、こちらの準備するものや、時間配分など現時点で打ち合わせできる部分を詰めてくることができました。

 これから子供たちへの告知や集客で忙しくなりますが、熱い気持ちを持って成功させ、子供たちの喜ぶ笑顔を見るのを今からとても楽しみにしております。

島田青少年育成・国際関係委員長

Please reload

August 22, 2019

August 1, 2019

Please reload

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Please reload