© 1992-2019 Matsuyama Shirasagi Lions Club.

2017-11-04

  2017年11月2日に、松山全日空ホテルルビールームにて26期11月第1例会を行いました。

会長挨拶

  皆さん、こんにちは。

 11月に入り今年も残すところ、2ヶ月足らずとなり、本当に1年経つのは早いなと実感しています。『愛顔つなぐえひめ国体』に引き続いて『全国障害者スポーツ大会愛顔つなぐえひめ大会』が行われ、悪天候の中、愛媛県勢のみなさんがすごく活躍され過去最高の121個のメダルを獲得されとてもうれしく思っています。

 その全国のアスリートが舞台として熱い戦いを繰り広げたニンジニアスタジアムでいよいよ11月25日に第2回かけっこ教室(第二例会)が開催されます。当初120名の定員で募集を行いましたが、「人数が集まるかな」という心配もありましたが、森委員長を始めとする青少年・国際関係委員会のみなさんの熱い思いが子ども達に届き、600名を超える応募があり、若干枠を増やし150名で開催の運びとなっています。

 昨夜も臨時委員会を行い、田中浩彦さん作成の600名を超える応募者のリストで厳正な抽選作業と応募頂いた方々への御礼文、当選者への案内、残念ながら当選されなかった皆様への対応等など夜遅くまでされていました。本当にご苦労様でした。

 ただ、今回のかけっこ教室は屋外の為、雨の場合には中止になります。松山白鷺ライオンズクラブのアクティビティには、天気のプレッシャーがありますが、Welove石手川チャリティゴルフかけっこ教室が加わりました。

 チャリティゴルフは、晴天の中行われましたので、かけっこ教室も良い天気の中で行われるものと信じています。天気に関して言われるのが、その期の会長と担当委員長の日頃の行いだと言われていますので、必ず晴天になると信じています。

 そして、みなさんのお手元に会報誌「しらさぎ」26期第2号が発行されています。先程、ちょっと覗いたら、相変わらず素晴らしい紙面でしかも笑顔がたくさん載っています。是非みなさん、隅々までご覧下さい。

 本日の例会も多くの審議事項がございますので、最後まで宜しくお願い致します。

 それでは本日も楽しい例会宜しくお願い致します。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

LCIF献金について説明する明関LCIFクラブコーディネーター

例会風景

2017-10-28

  2017年10月19日に、松山全日空ホテルローズルームにて26期10月第2例会を行いました。

会長挨拶

  皆さん、こんにちは。最近は雨続きのうえ、気温も随分と下がってまいりましたが、本日も元気に例会にご出席頂き、有難うございます。

 先ずは、先週行われました献血事業ですが、連休明けで国体の閉会式や選挙スタート等の関係で、献血者を動員するにはかなり厳しい時期ではありましたが、保健福祉委員会の皆さんをはじめメンバー皆さんのご協力の元、沢山の方に献血をして頂き、無事二日間終わる事が出来ました。本当に有難うございました。

 さて、本日の例会は二回目の歴代会長卓話をして頂く事になっております。今回は、今から丁度10年前、松山白鷺ライオンズクラブで初の女性会長になられた第16代会長の宇都宮真由美さんにお願い致しております。当時のお話、私も大変楽しみにしております。

 それでは本日も最後まで楽しい例会宜しくお願い致します。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

例会卓話

例会風景

 林 聖子さん、ありがとうございました。

 4年半の間、きめ細やかな仕事を行って頂き、本当に残念ですが、メンバー一同の感謝の気持ちです。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

 皆様には、勉強させて頂き、感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

事務局員 林 聖子

2017-10-14

 2017年10月5日に、松山全日空ホテル ルビールームにて26期10月第1例会を行いました。

会長挨拶

 改めまして皆さんこんにちは 

 本日は、公式訪問例会として、1R-RC吉田様と1R-3ZC大野様にお越し頂いております。後ほど、ご紹介並びにご挨拶を賜りたいと思いますので宜しくお願い致します。

 さて、10月に入り、すっかり秋らしくなりした。秋といえば、スポーツの秋、正にえひめ国体の真っただ中ですが、地元開催の利点でしょうか、愛媛県選手団が大変活躍をして各種目で素晴らしい成績を残してくれています。最後までこの勢いで大会を盛り上げて頂きたいと思います。

 お手元にかけっこ教室のパンフレットがある思いますが、現在150名を超える申し込みを頂いているとの報告を受けています。良いアクティビティになるようメンバーの皆さんと頑張って行きたいと思っています。

 そして秋といえば祭りの季節で、今週末は地方祭が各地区で開催され、賑やかな週末になりそうですが、土曜日のお天気があまり良くないようなので、くれぐれも皆さん怪我などしないようにスポーツ観戦も祭りも楽しんで下さい。

 最後に、秋と言えば食欲の秋ですが、食欲の秋で思い出すのが、以前私がテール・ツイスターをやらせて頂いた時に、ドネーション袋のコメントに書かれていた西村さんの一言で、「天高く私肥える秋」今も脳裏に焼き付いております。

  本日も楽しい例会宜しくお願い致します。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

 ライオンズクラブ国際協会336-A地区 1R-RC 吉田稔様

 ライオンズクラブ国際協会336-A地区 1R-3ZC 大野健夫様

 

国際平和ポスター応募作品について

 米虫 達哉(こめむし たつや)さんの作品の選出を発表する和氣2年理事

例会風景

2017-9-24

  2017年9月21日に、ベルフォーレ松山にて26期9月第2例会を行いました。

会長挨拶

  皆さん、こんばんは。この度の台風18号で被害を受けられました皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 皆さんの周りでは被害はなかったでしょうか。私は松山に来て23年ほどになりますが、瞬間的豪雨は体験しても、1日掛けてあれほどの雨が降ったのは初めての経験ではないかと思います。事務所の前を流れる小野川は水位が上昇し、恐怖を覚える程の濁流が流れていましたし、自宅近くの水路の水は氾濫し、消防自動車が来て消防士が土嚢を積む作業をしておられましたが、私の身の回りで大きな被害を受けた方がいなかったのは幸いです。

 ただ、他府県では、甚大な被害で亡くなられた方、行方不明の方もいらっしゃいました。つくづくこの愛媛の中予地区は平和なところだと実感し致しました。少々不謹慎かも知れませんが、もうすぐ開催される愛媛国体にとっては、水不足が解消され恵の雨になったのかなとも考えたりします。

 ところで、本日は、今期初めての夜間例会です。会場もベルフォーレ松山さんに移動して、ご準備頂いた計画・財務委員会のみなさんに感謝しながら、いつもと違う雰囲気を楽しみたいと思います。

 また、本日受付をされてお気づきになられたと思いますが、林さんともう一人、受付をされていた女性がいらっしゃいましたが、林さん(事務局員)の後任として、9月11日より引き継ぎをして頂いています、山下彩香さんです。ご紹介は後ほど桑村幹事より詳しくして頂きます。

 それでは、お月見例会存分に楽しみたいと思いますので、本日も宜しくお願いします。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

後任の事務局員、山下彩香さんを紹介する桑村幹事

 

例会風景

 入選俳句紹介

懇親会風景 

2017-9-10

  2017年9月7日に、松山全日空ホテルプロヴァンスダイニングにて26期9月第1例会を行いました。

会長挨拶

  皆さん、こんにちは。9月に入り朝晩が涼しくなり、心地いい季節になってきました。本日も多くのご出席ありがとうございます。

 さて、この2週間ほどのライオンズ活動報告をさせて頂きます。

 8月22日に久谷剣道会の皆さんに青少年精励賞の贈呈式に行って参りました。とても素直な子供たちで、まっすぐ真剣な眼差しで練習に励んでいました。7名の子ども達が賞状と竹刀袋を手に喜ぶ笑顔が、とても印象的でした。

 9月3日にガバナー公式訪問が、336-A地区役員・委員20名と1Rのライオンズメンバー95名が参加し開催されました。短い割り当ての時間でしたが、ブラザークラブの今年度の目標や抱負を聞き、私も今一度、新たに気を引き締め直した1日でした。

 9月6日に、7名の新会員の皆さんを対象に新会員スクールが開催され、真剣に講義を聞かれ、質疑応答でも沢山の質問が出て、皆さんのスキルの高さと、これから先期待出来るメンバーとして頼もしさを感じました。

 さて、いよいよ明日は、チャリティゴルフコンペが開催されます。昨期の25周年に勝るとも劣らない、56組200名以上の方が参加して頂ける事になっております。先週の時点で天気が心配されましたが、明日は好天に恵まれそうです。計画・財務委員会の皆さんとお手伝い頂くメンバーの皆さん力で良いアクティビティになりますよう、そして怪我なく無事に終えることを願っています。

 本日の例会終了後、乗松環境保全委員長と共にWelove石手川事業の挨拶回りに行って参ります。

 最後に原田館長より、青少年育成事業の礎になりました少年少女空手大会が26日に開催されたことの報告を受けました。広告協賛を頂いたメンバーのみなさんにお礼を受けましたことを報告させて頂きます。

 それでは、本日の例会も最後まで活気に満ちた、いい1時間になる様宜しくお願いします。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

  

例会風景

2017-8-27

  2017年8月17日に、松山全日空ホテル南館2階サファイアルームにて26期8月第1例会を行いました。

会長挨拶

  改めまして、皆さんこんにちは。お盆休み明け早々の例会にお集まり頂き有難うございます。お盆休みを遠方で過ごされた方、逆に遠方からお子さんや親族の方が来られて、おもてなしをされた方、思い思いの休暇を過ごされたのではないかと思います。

 私は、もっぱら趣味のゴルフとバイクと車で汗をかいては、ビールで水分補給をしていたせいで、ボロボロの状態で昨日から仕事を再開していますが、まだまだ暑い日が続くと思われますので、身体にいたわりを持ってやって行こうと思っています。

 さて、クラブの事業も活発に動き出しており、来週22日の火曜日に青少年育成事業の一環である、青少年精励賞の贈呈式が行われます。そして9月に入れば、6日に新会員スクール、7日の例会後はWelove石手川の挨拶回り、そして8日はチャリティゴルフコンペ、第2例会はお月見例会と本当に各委員会さんには忙しい思いをして頂きますが宜しくお願いします。

 今期、計画・財務委員会さんにお願いして、今期の例会に歴代会長卓話を取り入れて頂く事になり、本日、第1回目の卓話を第4代会長の篠崎歴代会長にして頂く様になっており、大変楽しみにしております。

 本日も最後まで活気ある楽しい例会を宜しくお願い致します。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

例会卓話

例会風景

2017-8-10

 2017年8月3日に、松山全日空ホテル南館2階サファイアルームにて26期8月第1例会を行いました。

会長挨拶

  皆さん、こんにちは。本日も猛暑の中、例会にお集まり頂き有難うございます。

 本日、26期のクラブ予算に関して、ご審議頂きご承認を頂く事で、本格的に各事業も始動して参りますので宜しくお願い致します。

 今期の最初の事業として、クラブ会報誌第一号がお手元にあると思います。大変良いものができたと思っていますので、隅から隅まで、見て頂ければと思っています。私は、入会時にPR・IT委員会に所属していたので現在までの会報誌を持っています。時々振り返ると懐かしく面白いものです。

 さて、よくある挨拶ネタとしまして、今日は何の日?と言うのがあります。私も毎回暑い暑いとばかり言っておれませんので、ちょっとだけ調べてみました。8月3日と言えば、先ず思いつくのが語呂合わせでハチミツではないでしょうか?これは昭和60年、今から32年ほど前に提唱されたそうで、それより少し古い歴史を持っているのが、ハサミの日で、これも語呂合わせからきている訳ですが、これは美容家の山野愛子氏が昭和52年、ですからちょうど40年前に提唱した記念日になるそうです。

 そして、語呂合わせでも何でもなく何故か、司法書士の日だそうです。なぜ司法書士の日なのか、それは時間の都合もありますので、後ほど時間のある時に桑村幹事か篠藤さんからじっくりお聞き下さい。それでは、本日の例会も宜しくお願い致します。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一

 若獅子賞(30代でのライオンズクラブ入会者に対して)を受け取る奥野崇さん

 

例会風景

2017-7-23

 2017年7月20日に、松山全日空ホテルルビールームにて26期7月第2例会を行いました。

会長挨拶

  皆さん、こんにちは。昨日、四国地方も梅雨明け宣言が出て、いよいよ夏本番となり猛暑の日々が続くと思われますが、くれぐれも体調管理には気を付けて、夏を楽しんで頂きたいと思います。

 夏場は特に水分補給を細目に行わないと、喉が渇いたと感じた時点で、脱水症状を起こしかけているそうで、昨日の会員出席委員会の時に、宇治田委員長が「今日シャワーを浴びていたら、足がつってね」と話されていましたが、それは熱中症の前兆ですのでくれぐれも、お酒ではなく、水で水分補給をして頂きたいと思います。

 その宇治田委員長率いる、会員出席委員会さんによる「委員長スクール」が、7月第1例会後に合同事務局上の会議室で開催されました。これまで新会員スクールや委員長会は毎年開催されていますが、委員長スクールは初の開催ではないかと思われますが、話す方にとっても、聞く方にとっても大変いい勉強会だったと思います。

 また、7月9日は徳島キャビネットによる「四国の子供たちにライフジャケットを贈ろう」の地区合同アクティビティの説明会に乗松環境保全・アラート委員長と共に参加して参りました。大変、素晴らしい企画の様ではありますが、地区合同で進めるには若干資料不足で、まだまだ話し合いの余地を残した状態だと感じました。

 そして、7月12日には保健福祉委員会さんを中心に、「ダメ・ゼッタイ。パレード」に参加して参りました。出発式でのみきゃんが25周年に来ていた時より大きくなっていましたことを報告しておきます。暑い中ご参加頂いた皆さんお疲れ様でした。

 スタートして3週間ほどですが、色々と体験させて頂きました。まだまだこの先、沢山の経験を積ませて頂くと思いますが、とりあえず今日のこの例会を思い切り楽しみたいと思いますので、本日もどうぞ宜しくお願い致します。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 北川 憲一 

  

例会風景

2017-7-09

   2017年7月6日に、松山全日空ホテルルビールームにて26期7月第1例会を行いました。

会長挨拶

 皆さんこんにちは。26期会長を務めさせて頂きます北川でございます。よろしくお願いいたします。

 梅林前会長を前に、私が申し上げるのもおこがましい事かも知れませんが、本当に25期シルバーアニバーサリーは、皆さんお疲れ様でした。そして有難う御座いました。前期はスタートからゴールまで、全てにおいて全力で完璧に駆け抜け、松山白鷺ライオンズクラブらしさを随所で発揮出来たのではないかと感じます。皆さん本当にお疲れになったと思いますが、燃え尽き症候群にならず、どうか26期もお力をお貸し頂ければと思っています。

 26期最初の例会になりますので、今期スローガン『365分の1のキセキが創る、伝統の継承とチャレンジの融合』に込めた思いと、26期の運営方針をお話しさせて頂きたいと思います。「365分の1のキセキ」の365は1年365日を意味しており、1は沢山の意味が込められており、1回の例会を1時間と考えた場合、年間24回ですから24時間、つまり1年間で1日分の時間をライオンズの為に時間を費やして頂きたいと思っています。そして1日の活動、1時間の話し合い、一瞬のひらめきの積み重ねが作ってきた歴史の軌跡と、そのひらめきの奇跡が今の松山白鷺ライオンズクラブを作ってきたその両方を思いを込めて、カタカナで「キセキ」とさせて頂きました。「伝統の継承とチャレンジの融合」は、この25年間積み上げてきた伝統の奇跡を継承しつつ新しい奇跡へのチャレンジ精神を持つ事がこれからのキセキになるのではないかと思っております。

 5年後の30周年に向けて何らかの道標になる1年になればと思っています。沢山の心配、迷惑をお掛けすると思いますが、広い心と暖かいご支援、友愛と相互理解の精神で1年間宜しくお願い致します。

松山白鷺ライオンズクラブ会長  北川 憲一

 幹事 桑村 達也

 ライオンテーマ 長島 真穂

 テールツイスター 西原 義定

  

例会風景

2017-6-24

  2017年6月16日に、松山全日空ホテル 南館にて松山白鷺ライオンズクラブ結成25周年記念式典に続いて祝宴を行いました。

オープニング(琴曲)

青少年精励賞受賞者 林 優花様 

  

開会挨拶

  松山白鷺ライオンズクラブ25周年実行副委員長 御手洗 孝

来賓祝辞               乾杯             

      1R-RC 村井 淳子様      元地区ガバナー 宮内 浩四郎様

アトラクション

       津軽三味線 堀尾 泰磨様      フラメンコ 加地 恵理様 

閉会挨拶

 松山白鷺ライオンズクラブ 第2副会長 川添 紀明

懇親会風景

Please reload

August 22, 2019

August 1, 2019

Please reload

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Please reload