© 1992-2020 Matsuyama Shirasagi Lions Club.

2017-5-20

 2017年5月18日に、松山全日空ホテル ルビールームにて25期5月第2例会を行いました。

会長挨拶

 皆さん、こんにちは。5月9日の夜、横断歩道を歩いていましたら右折の車が急に加速してきて跳ね飛ばされる寸前でした。最近、アクセルとブレーキを間違えるなど事故が多発していますので、皆さんもお気をつけ下さい。そんな暗い話題が多い中、秋篠宮家の眞子様やエッセイエストの阿川佐和子さんの結婚とおめでたいニュースがつづいています。お二人ともぜひお幸せになってほしいと思います。

 さて、一昨日スポンサークラブである金亀ライオンズクラブの結成30周年チャリティゴルフコンペに我がクラブから4組16人で参加して来ました。白鷺の同好会コンペも兼ねていましたが、白鷺コンペ独特のハンディを最大限に生かして西原計画委員長が見事に優勝されました。おめでとうございました。昨日の計画委員会でも孤軍奮闘されておりましたが、ぜひこの勢いを6月16日の25周年記念式典まで続けて下さい。ライオンズ100周年の年、参加されるライオンズ関係者にとって最後の行事になろうかと思います。今までの事業のように、会員全員が「おもてなし」の気持ちを持って記憶に残る式典にしましょう。

 本日、15時30分からこの全日空ホテルで、金亀ライオンズクラブの結成30周年記念式典が開催されます。三浦地区委員、中島幹事と3人で参加いたします。学ぶべきところもあると思いますので、またお伝えしたいと思います。

 次回の例会と6月16日のCN例会はお仕事の予定を調整していただいて、ぜひ皆様全員のご出席を賜りますようお願いいたします。

例会風景

2017-5-14

  2017年5月10日、松山全日空ホテル ルビールームにて25期5月第1例会を行いました。

会長挨拶

 皆さん、こんにちは。5月6日に、チャーターメンバーの新田修敏さんが亡くなられました。昨年11月に、伊予市の会社に訪問した時に「25周年記念式典には行かないかんやろ。」と語って頂いたことを思い出します。思い返せば本当に笑顔の似合う方でいらっしゃるだけでその場が明るくなったことが思い出されます。辛がってばかりいると叱られそうなので本日は、各テーブルで皆さん、笑顔で新田修敏さんの思い出話をしていただいたらと思います。

 さて、先日かけっこ教室にご協力いただいたお礼に松山市の藤田教育長を表敬訪問してきました。その際、松山市の小学校に朝原さんの「かけっこが速くなる」の本を寄贈させていただきたいと申し出たところ「図書館に置くだけだと眠ってしまいます。各校の先生方にも読んでもらってかけっこを教えるのにも役立ててもらいましょう!」と力強い言葉をいただきました。さらに、6月16日の25周年記念式典にご出席いただき感謝状をいただくことになりました。64年ぶりに愛媛で国体が開催される年、愛媛松山の子どもたちがかけっこが好きなり心も健康になるきっかけになればと願うばかりでございます。

 また、PR・IT委員会情報では記念誌がいよいよ大詰めに来ているようです。今から出来栄えが楽しみです。記念式典も計画委員会を中心に準備を進めていただいているところです。皆様にもいろいろご協力を頂くことになろうかと思いますがよろしくお願いいたします。

 本日も宜しくお願い致します。

例会風景

2017-4-23

  2017年4月20日、 松山全日空ホテル ルビールームにて第25期4月第2例会が行われました。

会長挨拶

 皆さん こんにちは。本日は、前回例会に続いて、新しい仲間新玉明生さん、山下智弘さんが入会していただきました。

 入会されて、最初はわかりにくいことが多いかと思いますが疑問があれば遠慮なくお聞きください。 ライオンズクラブの目的は、1つ目は社会奉仕です。2つ目は人の交流です。3つ目は自己研鑚、人間性を磨くことです。この点は、いくつになっても大事なことだと思います。

 特に、我々松山白鷺ライオンズクラブはひとつにまとまっていて奉仕事業も会員全員が汗をかくことをモットーにしておりますので、事業を行った後は必ず達成感と感動を味わってもらえると思います。お仕事もお忙しいと思いますが、せっかく入会していただいたことですので、思いっきり楽しんで下さい。

 さて、先週の13日、14日と献血事業、河田委員長率いる保健福祉委員会の皆様、本当にご苦労様でした。会員の皆様が頑張っていただいたおかげで沢山の献血が集まったそうで赤十字センターの方も大変喜んでおられました。その様子がホームページにアップしておりますのでぜひご覧下さい。

 今年度、空手大会から始まった数々のアクティビティも献血事業で、無事終えることができました。新しい事業もあり心が折れそうになったこともありましたが、先輩達が築き上げた白鷺魂が会員全員に浸透してすべてが素晴らしい結果となったと思います。

 最後になりますが、これからPR・IT委員会の皆さんには記念誌作成、計画・財務委員会の皆さんには6月16日の25周年記念式典と大仕事が残っております。よろしくお願いいたします。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

新会員入会式

新会員の新玉 明生さん、山下 智弘さん宜しくお願いします。

例会風景

2017-4-06

 2017年4月6日、 松山全日空ホテル ダイヤモンドホールルームにて第25期4月第1例会が行われました。

会長挨拶

 皆さん、こんにちは。3月26日の「We love石手川&炊き出し体験」お疲れ様でした。特に、泉本委員長率いる環境保全・アラート委員会の皆さん、本当にご苦労様でした。今回は「LED太陽灯」のお披露目式ということで、事業が目白押しとなっておりましたので大変心配しておりましたが、会員の皆様が役割をテキパキとこなしていただいたおかげでスムーズにことが運びました。前日に降っていた雨も上がり、絶好のコンディションで予定時間内に終えることができました。

 マスコミ関係もかなり来られていました。ニュースの中で私たちが結成以来続けてきた「『We Love石手川』は間違っていなかっとた」感じられるコメントがありましたのでご紹介致します。

 ある子供さんに「何を拾ったの?」と聞くと「缶々です」と答え、「どんな気持ち?」と聞くと、「川がきれいになって、鳥さんに喜んでほしい」と。まさに、先輩方が「人と自然との共生」を掲げ、「白鷺の住めるまちづくり」を目指したこの事業を象徴するようなコメントだったと思いました。

 明日は、この事業に対していただいた国土交通大臣表彰「手づくり郷土賞」の授与式に歴代の環境保全委員長さんと一緒に行って参ります。

 今回は、いつもお手伝いしていただいている団体に加え、真鍋四国地区ガバナー、姉妹提携している姫路白鷺ライオンズ、地域町内会、大学生、高校生、中学生等、様々な方々が来られていましたが、皆さん「いろんな団体も巻き込んで素晴らしい事業ですね! 炊き出し体験では、緊急災害が起こった時の『自助・共助』の必要性を勉強させてもらえました」と言っておられました。

 そして、申し遅れましたが本日、新しい仲間が入会していただきました。「秋山浩一さん」です。松山白鷺ライオンズメンバー全員が大歓迎です。おそらく即戦力として北川次期会長が期待していると思いますのでよろしくお願いします。

 最後に、4月13日、14日と保健福祉委員会さんによる献血があります。一人でも多くのお知り合いに声をかけていただき河田委員長を喜ばせて下さい。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

新会員入会式

新会員の秋山浩一さん、宜しくお願いします。

例会風景

2017-3-27

 2017年3月26日、We Love 石手川 2017の会場にて3月第2例会が行われました。

会長挨拶

 昨日までの雨も止み、良いお天気になりました。本日のプログラムは盛り沢山です。LED太陽灯寄贈、We Love 石手川 2017、炊き出し事業となっております。コンセプトは「自助共助」です。自ら考え決断する事を市民の皆さんと勉強したいと思います。宜しくお願い致します。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

2017-3-12

 2017年3月8日に松山全日空ホテル プロヴァンスダイニングで3月第1例会が開催されました。600回の節目の例会に、例会純出席優秀会員表彰が行われました。例会後指名会も開催され、26期への準備も進み始めました。

会長挨拶

 皆さん、こんにちは。先日の「かけっこ教室」お疲れ様でした。特に、島田さん率いる青少年委員会の皆さんには本当にご苦労様でした。最初の体操の場面、取材で離れていましたが、ホームページを観ると子ども達の笑顔もさることながら、笑顔いっぱいのメンバーの写真、最高でした。

 昨日、仕事でクライアントに電話しました。「先日、武道館のかけっこ教室行ってたんだよ。昨年から、仕事に来たらいつも『かけっこ教室やるんですよ。うちのライオンズはいいクラブですよ』と少年のように言ってたのが良く分かったよ。本当にいい雰囲気のクラブだね!」私の尊敬する社長さんからの最高の賛辞を頂き、感無量になりました。ニュースを見れなかった方、愛媛CATVの映像がYouTubeにアップされていますので、是非ご覧頂ければと思っています。(下記参照)

 さて、3月26日は「We Love 石手川 & 炊き出し訓練」です。詳細につきましては、泉本委員長から後ほどあると思いますが、「手づくり郷土賞」入賞に恥じないような事業にしたいと思います。そして、今回は災害時を想定した炊き出し体験もしてもらいます。コンセプトは、行政等の援助を受けるまでに我々が一番しなければならないこと「自助、共助」の大切さを皆でしっかりと考えることです。できるだけ多くの方に体験してもらい、一人でも多くの方にその意識を広めていただきたいと考えておりますので、ご家族、ご友人お誘いあわせのうえ、ご参加いただくようお願いいたします。

 例会後には、次期役員の指名会があります。

「さらなる白鷺」へ向けて頑張りましょう!

例会純出席優秀会員表彰

100%    北川さん、藤代さん、明関さん

90%以上 伊賀上さん、大谷さん、岡田さん、河端さん、川添さん、黒田さん

     桑村さん、田窪さん、中島さん、二宮さん、原田さん、藤岡さん

     三浦さん、御手洗さん、八木さん

会食風景

 お天気に恵まれ、最上階で開放感のあるレストランから窓一面に広がる景色と美味しい料理で会話も弾み楽しい時間でした。

2017-3-04

 2017年2月26日、愛媛県武道館 大会議室にて2月第2例会が開催されました。

会長挨拶

 皆さん、大変お疲れ様でした。夢は叶うという想いを身体一杯に感じています。挨拶は短く分かり易くと考え、昨夜より練習を重ねましたが、今までのことを思い出し、言葉が詰まり失礼しました。

 子ども達の笑顔、喜んでくれている姿、一所懸命頑張っている姿を見てこの事業(アクティビティ)を行ってよかったと思っています。想いが通じたのか、多くのメディアの方々の取材があり、イベントの模様を放映して頂けるとの連絡を受けています。

 私は今、松山白鷺ライオンズにいて良かったと、松山白鷺ライオンズクラブは素晴らしく誇れるクラブであると、心から思っています。準備から約1年半、メンバーのみなさんありがとうございました。

2017-2-11

 2017年2月8日に、松山全日空ホテル ダイヤモンドルームにて2月第1例会が開催されました。(※松山白鷺ライオンズクラブ25周年記念誌用集合写真)

会長挨拶

 皆さん、こんにちは。例年では「伊予路に春を呼ぶ『椿まつり』が終わると暖かくなる」と言われますが、今年はまだまだ寒さが続いております。今度の日曜日には愛媛マラソンが開催されます。出場される方、お手伝いさせる方もおられると思いますが、インフルエンザも流行っておりますのでお体には十分気を付けて頑張って下さい。

 本日は会員全員で写真を撮りたいとお願いしたところ、体調がお悪い方以外の方はほぼ出席をして頂きました。本当にありがとうございます。感謝の気持ちを込めて、うちのスーパーばあちゃんが企画開発したクッキー(石井地区のマスコット「いっくん、しいちゃん」をかたどったもの)を一足早いバレンタインプレゼントとしてご用意しました。ご賞味下さい。

 さて、一昨年の9月、一本のメールから始まった「かけっこ教室」がいよいよあと2週間余りとなりました。皆さんの呼びかけもあり300人を超える応募がありました。ありがとうございました。詳細につきましては、あとで島田委員長からあると思いますが、当日は例会となっております。「未来のかわいいアスリート達」の一生懸命頑張る姿をみんなで見届けたいと思いますので是非、ご参加をお願いします。

 最後になりましたが、IT・PR委員会さん いつもいつも素晴らしい会報誌作成ありがとうございます。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

2017-2-01

  2016年2月2日、松山全日空ホテルのアイリスルームにて第8回理事会が行われました。半期の収支決算報告や、内規改正などについて審議いたしました。その後、「かけっこ教室」についての具体的な予定について説明がありました。最後に、北川第一副会長からの力強い挨拶がありました。

森史規 青少年・国際関係副委員長より

 今月26日に迫りました「かけっこ教室」について、申込者が300名を超えたという報告がありましたため、本日抽選を実施させて頂きました。事務局で抽選結果のはがき発送を準備しております。メンバー全員で協力してイベントを成功させたいと考えておりますので、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

北川憲一 第一副会長より

 25周年記念事業が2月・3月と行われます。担当委員会だけに任すのではなく、松山白鷺ライオンズクラブを挙げた事業である事を胸に、皆が一丸となって協力し合い成功に向けて頑張っていきましょう。

2017-1-26

  2017年1月26日に松山全日空ホテルにて、1月第2例会が行われました。

会長挨拶

 皆さん、こんにちは。

 1月22日に、明関さんと二人で「平成28年度 手づくり郷土賞(国土交通大臣表彰)」のプレゼンテーションへ行って参りました。前の日からワクワクしていましたが、全国から集まった20組のプレゼンテーションは予想以上の素晴らしさでした。

 我が松山白鷺ライオンズクラブでは、明関さんが3分間という短い時間の中で「『人と自然との共生』を基本理念とした清掃活動を通じて、重信川と石手川の河川敷・水辺空間とそこに憩う市民とを密接に結びつけ、快適な空間を創り出すことができた」ことを石手川周辺の状況の変化を説明しながら紹介されました。また、「今後は清掃だけにとどまらず、防災教育の取り組みも行い、災害時の自助・共助の市民意識に繋げていきたい」と見事な時間配分で説明されました。明関さん、本当にお疲れ様でした。

 手づくり郷土賞のグランプリには、陸前高田市で津波到達ラインに桜を植え続けているNPO法人「桜ライン311」が選ばれました。おめでとうございます。

 残念ながらグランプリには手が届きませんでしたが、全国の皆さんが「自分の町を美しくしよう。地域を少しでも良くしよう」という気持ちを持って活動されている姿には感動させられました。私たち松山白鷺ライオンズクラブも、結成以来取り組んでいる「人と自然との共生」を基本理念とした「白鷺の住めるまちづくり」を目指して、愚直に活動して行きたいと思います。

 次回 2月8日では、25周年記念誌に掲載する全体写真を撮りたいと思っております。キーワードは「ずっと白鷺」です。全員の心がひとつになった、記憶に残る一枚にしたいと思いますので、ぜひご出席を宜しくお願い致します。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

プレゼンテーション風景(昭和女子大学 2016年1月22日)

例会風景

Please reload

Please reload

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Please reload