© 1992-2019 Matsuyama Shirasagi Lions Club.

2017-6-24

  2017年6月16日に、松山全日空ホテル 南館にて松山白鷺ライオンズクラブ結成25周年記念式典に続いて祝宴を行いました。

オープニング(琴曲)

青少年精励賞受賞者 林 優花様 

  

開会挨拶

  松山白鷺ライオンズクラブ25周年実行副委員長 御手洗 孝

来賓祝辞               乾杯             

      1R-RC 村井 淳子様      元地区ガバナー 宮内 浩四郎様

アトラクション

       津軽三味線 堀尾 泰磨様      フラメンコ 加地 恵理様 

閉会挨拶

 松山白鷺ライオンズクラブ 第2副会長 川添 紀明

懇親会風景

2017-6-24

  2017年6月16日に、松山全日空ホテル 南館にて松山白鷺ライオンズクラブ結成25周年記念式典、並びに祝宴を行いました。

会長挨拶

 私ども松山白鷺ライオンズクラブは、1992年3月19日、松山金亀ライオンズクラブ様のスポンサーにより結成されました。当初、奉仕活動の方向性を明確にし、活力ある地域社会作りのために、行動目標ビジョンを策定しました。環境ビジョン「白鷺の住めるまちづくり」を提唱し、人と自然との共生を目指して、「We Love石手川 河川大清掃」を行いました。この活動は、国土交通省を始めとする行政の皆様、ボーイスカウトの皆様、そして地域の皆様のご協力により、800人規模の継続事業となりました。その長年の活動が認められ、本年、国土交通大臣表彰「手づくり郷土賞」を受賞することができました。14期に至り、 次代を担う青少年の育成は社会全体の責務であると考え、青少年育成ビジョン「子どもの未来は まちの未来」を策定しました。以来、そのビジョンのもと、心身ともに強い子どもたちを育てることを目的とし、少年少女空手道選手権大会を開催してまいりました。

 そして、節目の25期(シルバーアニバーサリー)、真鍋ガバナーのキーワード「挑む」を胸に刻み、松山白鷺ライオンズクラブは新たな転換期を迎えました。先輩たちが築き上げた活動の柱となる2つのビジョンをリスペクトしつつ、『形に残るだけでなく心に残るものにしたい』という思いで、記念事業を実施しました。

 詳細につきましては、のちほど記念事業発表でご披露しますが、「食べ物の大切さ」に関心を持ち、親子で楽しく食文化について学んでもらうことを目的とした「親子にぎり寿司教室」、青少年育成事業の新たな展開として子供たちに運動を好きになってもらいたい、体を動かすことで心も健康になってもらいたいという思いで企画した朝原宣治氏による「かけっこ教室」、結成以来の継続事業「We Love石手川」に何か意義のあることを付け加えたいという思いで企画した「自助・共助」を具現化した「災害時の炊き出し体験」等、先を見据えた事業を実施しました。また、環境保全事業として、環境にやさしく夜間の安全及び災害対策にもなる「LED太陽灯」を愛媛県武道館に寄贈させていただきました。

 どの事業も、メンバー全員が知恵を出し合い、多くの皆様のご協力を得て、成功裏に終えることができました。...

2017-5-27

 2017年5月22日、助格にて第13回 松山白鷺ライオンズクラブ25周年実行委員会を行いました。

 松山白鷺ライオンズクラブの25期も残りあと僅かとなり、実行委員会も今回で最後となります。25周年記念誌の内容も大詰めを迎え、制作は最終段階に入っています。今回の委員会では、6月16日に行われるチャーターナイト記念例会の話し合いに多くの時間を割き、3時間を超える充実した会議となりました。

 委員会終了後は、助格さんでお刺身や佐賀牛のステーキなど、美味しい料理を頂きました。実行委員会の皆さん、お疲れ様でした。最後まで頑張りましょう。

2017-4-25

 2017年4月25日、去る2017年2月26日に行われたイベント「朝原宣治のかけっこ教室 楽しく走れ!これで君もHERO!」の実施に当たり、一方ならぬご尽力を頂きました藤田仁 松山市教育長へ事業成功のご報告をするため、松山市役所を表敬訪問致しました。

 当クラブの梅林哲次会長および中島幹事が謝辞を述べた後、藤田教育長へ「子ども達の今後の成長を願い、小学校に朝原宣治さんの著書『こうすればかけっこが速くなる』を贈呈したい」旨をお話したところ快くお受け頂き、松山市内の各小学校に2冊ずつ図書を寄贈する事となりました。

 2017年には国民体育大会(国体)が愛媛県で開催されます。今回の様なイベントや図書の拡充などを通じて、松山の子どもたちがより良いスポーツ教育を教授できる環境を整え、将来的にはこの松山の地から全国・世界レベルのアスリートが誕生することを願って、松山白鷺ライオンズクラブはこれからも青少年育成事業を継続して参ります。

2017-4-15

 大街道献血ルームにて、松山白鷺ライオンズ白鷺ライオンズ結成25周年記念事業「第2回 献血キャンペーン」 を実施致しました。4月13日から2日間に渡って行った今回の献血キャンペーンでは、平日にもかかわらず多くの方々にご協力頂くことが出来ました。献血にご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 献血キャンペーンに当たっては、大街道献血ルーム様に臨時で看護師の増員3名に加えて、全血採血装置の4台増設というご配慮を賜りました。献血にお越し下さった方に対して、終始笑顔で接して頂いた献血ルームのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。万全の準備で献血キャンペーンに臨んで頂き、松山白鷺ライオンズクラブのメンバー一同、感謝の気持ちで一杯です。

 松山白鷺ライオンズ25周年最後の大きなアクティビティを終え、ホッとしております。今回お手伝い頂いた松山白鷺ライオンズクラブメンバーの皆さん、お忙しい中ありがとうございました。

松山白鷺ライオンズクラブ 保健福祉委員長 河田朋子

第25期 第2回 献血キャンペーン報告

2017年4月13日(木) 82名

2017年4月14日(金) 65名

会長コメント

献血風景

2017-3-28

  2017年3月26日、愛媛県武道館前にて災害時炊き出し訓練を実施致しました。

会長挨拶

 緊急災害時を想定し、自衛隊松山駐屯地の全面協力により「炊き出し体験」をしていただきます。すぐにでも起きてしまうかもしれない南海トラフ大地震が襲って来た場合、すべての方が、すぐさま行政等の援助を受けられるわけではありません。おそらく松山より想定外の被害を受けるところは山ほど出てくると思います。限られた数の行政、自衛隊の方はまず被害の大きいところへ行かざるをえません。

 その時、私たち松山市民が考えなければならないこと、それは公的機関の指示待ちではなく、いざという時に被害を最小限に抑えるるため、住民が自ら考え決断、行動する力を養うことが大切です。いわゆる「自助・共助」です。今回はその意識、考え方を参加の皆さんで見つめなおして共有していただくために企画させていただきました。

 したがって参加の皆さん、特に子どもたちにはゴメンナサイ、今日はいつものハンバーガーではありません。ご飯とみそ汁を皆さんで一緒に作って一緒に分け合って一緒に食べてもらおうと思います。災害が起きたときには電気も水道もガスも何もありません。何もない環境の中で、一人一人が何をすべきかを考えて下さい。相談して下さい。

 最後に、本日のこの事業を開催するにあたりご協力いただいた自衛隊を始め各団体の皆様に心から感謝を申し上げ、そして本日の体験を通じて感じていただいたことを家族の中で、地域の中で、職場の中で、友人の中で、あらゆる場所で話題にしていただき、過去の悲惨な災害で学んだことを決して風化させることなく伝え続けていただくことをお願い申し上げ開会のご挨拶とさせて頂きます。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

炊き出し風景

ビーバー!!(ビーバー)ビバ ビバ(みんなで)ビーバー!!

(ボーイスカウトの掛け声)

ごちそうさまでした

2017-3-28

  2017年3月26日に開催されたWe Love 石手川 2017 & 炊き出し訓練、及びLED太陽灯寄贈でのメンバー活躍風景をご覧下さい。

環境保全アラート委員長より

 3月26日、設立当初からの継続事業である「We Love 石手川 & 災害時炊き出し訓練」を開催致しました。当日は天候にも恵まれ、国土交通省、愛媛県、松山市ボーイスカウトや、一般の方々も含め約800名の皆様のご参加を頂き、石手川河川清掃を行いました。その後、自衛隊とボーイスカウトの皆様や愛媛大学の学生さん、一般ボランティアの方々にお手伝い頂き、ご飯とみそ汁で昼食を頂く「炊き出し訓練」を行いました。

 このイベントは、緊急災害が起こった場合に「必ずしも自衛隊の支援を受けることが出来るとは限らない」。その時、「自助共助」の精神でその場で出会った人達で助け合い、災害に対応する大切さを学ぶ事を目的として開催されました。

 イベントには、自衛隊からは給水車両・炊飯車両・緊急入浴設備などを、また松山市公営企業局からは、飲料用給水車両を持ってきて頂き、まさに実際の災害時さながらの光景が展開されました。訓練では、白鷺ライオンズクラブのメンバ-とボランティアの皆さんとの分け隔てなく、初めて顔を合わす人たちが作業を分担し合い、実践的な炊き出し訓練を行うことが出来ました。

 また、会場では東日本大震災時における現場での自衛隊活動の様子を、松山駐屯地の皆さんにパネルを用いて解説して頂きました。国土交通省の皆さんには、熊本震災時の活動を同様にご紹介頂きました。災害の実体験を語って頂き、まさかの出来事が起こりうる事を共有出来たのではないかと思います。

 ご参加頂いたメンバ-の皆さんと、ボランティアの皆さんに感謝致します。ありがとうございました。

環境保全アラート委員長 泉本明英

メンバー風景

 お疲れ様でした

2017-3-28

 2017年3月26日、愛媛県武道館北側河川敷にてWe Love 石手川 2017が開催されました。

開会挨拶

 私たち松山白鷺ライオンズクラブは「人と自然との共生」を掲げ、「白鷺の住めるまちづくり」をテーマに環境保全啓発運動を続けて参りました。当初は会員だけで始まった活動でしたが、ボーイスカウトさん、国交省さん、愛媛県、松山市の行政の皆さん、産廃協会、如水会館さん等の協力を得て700-800人規模の活動へと発展することができました。まずもってお礼を申し上げたいと思います。

 今では市民に広く知れ渡り、かつ認められる活動となり、市民のゴミ意識の向上にも少しは役立てることができたのではないかと思っております。そして、このたびこの活動に対して「手づくり郷土賞」(国土交通大臣表彰)をいただきました。今後も、この賞の名に恥じることのないように愚直に活動を続けて参りたいと思います。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次 

開会式風景

清掃風景

ドローンで撮影された清掃の様子をご覧下さい。 

閉会式

2017-3-28

 2017年3月26日、愛媛県武道館にて武道館北側通路へのLED太陽灯贈呈お披露目式を執り行いました。

お披露目式 挨拶

 私たち松山白鷺ライオンズクラブが行っている活動の中に、この後行う「We love 石手川河川大清掃」「松山白鷺ライオンズカップ空手道大会」、更には一か月前の「かけっこ教室」がありますが、それぞれの事業で愛媛武道館の皆様には大変お世話になっております。

 そのお礼を含めて、当クラブが結成25周年を迎えるにあたり「環境基金」の有効利用として、環境に優しい「LED太陽灯」を3基贈呈させていただくことにしました。愛媛県武道館通路の夜間安全、また非常時にも役立つLED照明として少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞお受け取り下さい。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

工事風景

2017-3-12

 東日本大震災から6年が経過しました。まもなく熊本地震からも1年が経過します。ここ数年で私たちはいくつもの自然災害を経験してきました。災害はいつ起こるか分かりません。

 松山白鷺ライオンズクラブは2017年3月26日に、愛媛県武道館北側河川敷にて「We Love 石手川 & 災害時炊き出し訓練」を実施します。自衛隊の協力を得て、災害時の炊き出し訓練や野外入浴設備の展開訓練を行います。多くの皆様の参加をお待ちしております。

Please reload

August 22, 2019

August 1, 2019

Please reload

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Please reload