© 1992-2019 Matsuyama Shirasagi Lions Club.

2017-3-28

  2017年3月26日、愛媛県武道館前にて災害時炊き出し訓練を実施致しました。

会長挨拶

 緊急災害時を想定し、自衛隊松山駐屯地の全面協力により「炊き出し体験」をしていただきます。すぐにでも起きてしまうかもしれない南海トラフ大地震が襲って来た場合、すべての方が、すぐさま行政等の援助を受けられるわけではありません。おそらく松山より想定外の被害を受けるところは山ほど出てくると思います。限られた数の行政、自衛隊の方はまず被害の大きいところへ行かざるをえません。

 その時、私たち松山市民が考えなければならないこと、それは公的機関の指示待ちではなく、いざという時に被害を最小限に抑えるるため、住民が自ら考え決断、行動する力を養うことが大切です。いわゆる「自助・共助」です。今回はその意識、考え方を参加の皆さんで見つめなおして共有していただくために企画させていただきました。

 したがって参加の皆さん、特に子どもたちにはゴメンナサイ、今日はいつものハンバーガーではありません。ご飯とみそ汁を皆さんで一緒に作って一緒に分け合って一緒に食べてもらおうと思います。災害が起きたときには電気も水道もガスも何もありません。何もない環境の中で、一人一人が何をすべきかを考えて下さい。相談して下さい。

 最後に、本日のこの事業を開催するにあたりご協力いただいた自衛隊を始め各団体の皆様に心から感謝を申し上げ、そして本日の体験を通じて感じていただいたことを家族の中で、地域の中で、職場の中で、友人の中で、あらゆる場所で話題にしていただき、過去の悲惨な災害で学んだことを決して風化させることなく伝え続けていただくことをお願い申し上げ開会のご挨拶とさせて頂きます。

松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

炊き出し風景

ビーバー!!(ビーバー)ビバ ビバ(みんなで)ビーバー!!

(ボーイスカウトの掛け声)

ごちそうさまでした

2017-3-28

  2017年3月26日に開催されたWe Love 石手川 2017 & 炊き出し訓練、及びLED太陽灯寄贈でのメンバー活躍風景をご覧下さい。

環境保全アラート委員長より

 3月26日、設立当初からの継続事業である「We Love 石手川 & 災害時炊き出し訓練」を開催致しました。当日は天候にも恵まれ、国土交通省、愛媛県、松山市ボーイスカウトや、一般の方々も含め約800名の皆様のご参加を頂き、石手川河川清掃を行いました。その後、自衛隊とボーイスカウトの皆様や愛媛大学の学生さん、一般ボランティアの方々にお手伝い頂き、ご飯とみそ汁で昼食を頂く「炊き出し訓練」を行いました。

 このイベントは、緊急災害が起こった場合に「必ずしも自衛隊の支援を受けることが出来るとは限らない」。その時、「自助共助」の精神でその場で出会った人達で助け合い、災害に対応する大切さを学ぶ事を目的として開催されました。

 イベントには、自衛隊からは給水車両・炊飯車両・緊急入浴設備などを、また松山市公営企業局からは、飲料用給水車両を持ってきて頂き、まさに実際の災害時さながらの光景が展開されました。訓練では、白鷺ライオンズクラブのメンバ-とボランティアの皆さんとの分け隔てなく、初めて顔を合わす人たちが作業を分担し合い、実践的な炊き出し訓練を行うことが出来ました。

 また、会場では東日本大震災時における現場での自衛隊活動の様子を、松山駐屯地の皆さんにパネルを用いて解説して頂きました。国土交通省の皆さんには、熊本震災時の活動を同様にご紹介頂きました。災害の実体験を語って頂き、まさかの出来事が起こりうる事を共有出来たのではないかと思います。

 ご参加頂いたメンバ-の皆さんと、ボランティアの皆さんに感謝致します。ありがとうございました。

環境保全アラート委員長 泉本明英

メンバー風景

 お疲れ様でした

2017-3-28

 2017年3月26日、愛媛県武道館にて武道館北側通路へのLED太陽灯贈呈お披露目式を執り行いました。

お披露目式 挨拶

 私たち松山白鷺ライオンズクラブが行っている活動の中に、この後行う「We love 石手川河川大清掃」「松山白鷺ライオンズカップ空手道大会」、更には一か月前の「かけっこ教室」がありますが、それぞれの事業で愛媛武道館の皆様には大変お世話になっております。

 そのお礼を含めて、当クラブが結成25周年を迎えるにあたり「環境基金」の有効利用として、環境に優しい「LED太陽灯」を3基贈呈させていただくことにしました。愛媛県武道館通路の夜間安全、また非常時にも役立つLED照明として少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞお受け取り下さい。

 松山白鷺ライオンズクラブ会長 梅林哲次

工事風景

2016-12-22

  2016年12月23日に開催された「サンタ・チャレンジ2016」へ当クラブメンバーも参加させて頂きました。心配されていた雨もパレードの時間には止み、皆様の笑顔で寒さも忘れる楽しいチャリティイベントとなりました。

 お忙しい中ご参加下さりありがとうございました。

サンタ・チャレンジ2016実行委員 長島真穂

参加メンバー

梅林さん、宇治田さん、川添さん、中島さん、大谷さん、長島さん、明関さん、新田さん、三浦さん、宇都宮吉規さんご夫妻、西原さん、古家さんご夫妻

2016-11-18

親子にぎり寿司教室の模様を写真に収めましたので、ダウンロードしてお使い下さい。

2016-11-15

松山白鷺ライオンズクラブ結成25周年記念事業 「朝原宣治の『かけっこ教室』」のご案内

 オリンピック銅メダリストの朝原宣治さんが、準備体操から走り方のコツまで直接教えてくれます。参加者全員に朝原さんの著書「こうすればかけっこが速くなる」をプレゼント!!

日時
2017年2月26日(日)

 午前10時受付開始

 午前11時スタート

 午後1時終了予定

場所
愛媛県武道館主道場

参加料
無料

協力
大阪ガス株式会社

募集人員
小学1~3年生の男女100名(保護者同伴)

準備物
運動のできる服装、ランニングシューズ、飲み物、タオル

応募方法
往復はがきに住所、氏名、学年、電話番号を明記の上、下記の「松山白鷺ライオンズクラブかけっこ教室 係」へお申し込みください。返信はがきには住所氏名をお書きください。往復はがきでのみの申込みとさせていただきます。

※電話でのお申込みは受け付けておりません。

応募先
〒790-0001
松山市一番町4丁目1-5 ISSEIビル3F
松山白鷺ライオンズクラブ事務局 「かけっこ教室」 係

募集締切
2017年1月31日(火)必着
当選者は抽選の上、返信はがきにてお知らせいたします。

注意事項

イベント最中に撮影された写真、映像については当クラブのHP、会報誌、新聞社、テレビなどのメディアに掲載される可能性がありますのでご理解の上お申し込みください。

2016-11-12

 平成28年11月12日、松山青少年センターで「親子にぎり寿司教室」が開催されました。

 応募頂いた20組の親子にご参加頂き、お寿司の歴史、お寿司のにぎり方、お寿司の頂き方などを勉強して頂きました。

 参加した子どもたちからは、「シャリの形を上手く作るのが難しかったけれど、実際に自分で握ったお寿司は美味しかったです。やはり職人さんはすごいと思いました」などの感想を頂きました。

 開催にご協賛頂きました「すし徳」様、「すし丸」様、「助格」様、この度は誠にありがとうございました。また、中心になって活動頂きました松山白鷺ライオンズクラブの保健福祉委員会のメンバーの皆様、25周年実行委員会の皆様、お疲れ様でした。

松山白鷺ライオンズクラブ 梅林哲次会長 挨拶

 本日は、松山白鷺ライオンズクラブ結成25周年記念事業「親子にぎり寿司教室」~ぼくもわたしもお寿司屋さん~ に参加いただきましてありがとうございます。

 ライオンズクラブとは、世界最大の奉仕組織で世界に46,000のクラブ、140万人の会員で構成されており、地域社会を支援するために必要な様々な事業を行っています。

 みなさんが住んでいる松山には、20のクラブがあり私たち松山白鷺LCもその一つです。

主な事業といたしましては、

  • 青少年健全育成事業(次世代を担う青少年のために、時代のニーズにあった事業)

  • 環境保全事業(美化運動や街角に季節の花、山には植樹を後世につないで行く事業)

  • 保健福祉事業(四献運動―献血、献眼、献腎、献骨髄、食育)

  • アラート事業(近い将来に起こるであろう東・南海大地震に備えての活動)

  • YCE事業(青少年交換留学生の派遣、受入事業)

等が挙げられます。

本日は、この中で保健福祉の分野である「食育事業」を行います。

 最近、食生活の乱れなどにより、子ども達の健康面や精神面での悪影響が社会問題となっております。解決策としては、私達自らが「食」について考え、判断する力をつけるための「食育」が極めて重要と考えております。

 そんな思いで、今回は子ども達がお寿司の歴史や実技に触れることにより「食べ物の大切さ」に関心を持ち、親子で楽しく食文化について学んでいただくことを目的とした事業を企画致しました。

 限られた時間ですが、しっかりと学んで楽しんで頂ければと思います。

 なお、今後の私達松山...

2016-11-08

 松山白鷺ライオンズクラブ25周年を迎えるにあたり、20周年記念事業として行った松山市内の中学校8校へのゴミステーション寄贈につきまして、そのゴミステーションの利用状況について松山市立道後中学校にお話を伺いました。

 道後中学校校長  村上典様からは、「しっかりとした頑丈なものを作って頂いて、大きさもちょうど良く、今もなお利用させて頂いております。私が以前にいた学校、鴨川中学校・拓南中学校のゴミステーションもみなさん利用されています」とのコメントを頂きました。

 松山市立道後中学校の学校公式サイトでも紹介されました。

http://dogo-j.esnet.ed.jp/modules/wordpress0/index.php?p=1697

2016-11-03

ライオンズクラブ国際協会設立100周年記念事業として、

336-A地区1R 合同アクティビティ「サンタ・チャレンジ2016」が開催されます。

当クラブのメンバーもサンタ・チャレンジを主催する想いに賛同し、参加する予定です。

「サンタ・チャレンジ」とは、サンタの仮装をしてパレードを行うチャリティ活動で、参加者の皆様から頂いた参加費を障がい者施設へ寄付するイベントです。

サンタ・チャレンジ2016の参加申し込み締切は11月末となっております。

ご興味のある方は、下記の公式サイトをご覧下さい。

サンタチャレンジ2016公式サイト

2016-10-21

陸上自衛隊 第14特科隊長 松山駐屯地指令 1等陸佐 財津耕一郎 様

テーマ

「南海トラフ巨大地震における自衛隊の対応及び地域住民の自助共助について」

実体験をもとに、南海トラフ地震が発生した場合の自衛隊の活動内容及び自助共助の大切さを教えていただきました。

講演の様子をビデオに収めましたので、ぜひ御覧下さい。

ダイジェスト版(5分程度)

フル版(30分程度)

Please reload

August 22, 2019

August 1, 2019

Please reload

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
Please reload